日帰り研修と泊まり研修。それぞれのメリット、デメリットとは?

日帰り研修はコストを抑えていろいろな場所で行える

日帰り研修のメリットは、行う場所の選択肢が多いことです。自社の会議室やイベントスペースはもちろん、レンタルオフィスなども研修場所として活用することができます。研修内容に合わせて場所を選べば、研修の進行もスムーズになるでしょう。
また、コストを抑えられるのも大きなメリットです。泊まり研修となると、どうしても宿泊代や食事代などの費用が大きくなってしまいます。日帰り研修なら、予算が少ない場合でも気軽に行いやすいでしょう。
デメリットとしては、泊まり研修と比べて研修にかけられる時間が少なくなってしまうことです。そのため、研修の内容をコンパクトに構成するなど、短時間でも効果的なプランを考える必要があります。

泊まり研修は時間に余裕を持って行える

泊まり研修のメリットは、研修の時間を多くかけられることです。場所によっては早朝や夜間など、時間をより有効に使えることもあります。たとえ予定通りに進行できなかったとしても、泊まり研修ならプランの修正もしやすいはずです。
また、研修場所への移動が最小限で済むのも大きなメリットになります。社員への負担も少なく、体調も整いやすいでしょう。
デメリットとしては、日帰り研修と比べて予算が多く必要になることです。そのため、社員研修などの法人向けプランを展開しているホテルを選ぶなど、コストを少しでも抑えることが大事になってくるでしょう。人気のホテルはすぐ予約で埋まってしまうので、早めに手配しておくことも大切です。

© Copyright Employees Learn Specific. All Rights Reserved.