こんなのあった!驚きの珍しい社員研修

事務職なのに!演技指導!?

エンターテイメント系の会社に勤めた際にあった社員研修ですが、20名ほど集められ、4時間で与えられたテーマに沿った芝居を発表するという内容でした。
会社がエンタメだったため、学生の頃俳優をしていた同僚や仕事上もともとスクリプトを書いていた先輩がいたので、なんとか4時間以内に形にすることができましたが、私はただただ一般事務で入社していたため、芝居も未経験なら歌もダンスも自信がなく、なにこれ~!?と終始動揺しっぱなしでした。
与えられた役を、ただセリフを覚えてこなしましたが、恥ずかしがってはいけないし、でも恥ずかしいしで、思春期だったら絶対にできない!と思う内容でした。
ただ、一つのものを形にするのはたとえ内容がなにであっても結束力につながったかな、とは思っています。

スキンシップで社内交流!

今のご時世では、セクハラやパワハラが問題視されているかと思いますが、私はスキンシップを伴う社員研修を受けました。
とはいえ、もちろんいやらしいものではなく、アクティビティを通して目的を達成する、というものです。
簡単なものではなく、社外にバスで出かけて行って、崖のようなところを二人一組で命綱を張って渡るという内容でした。
20代前半の若手女子の頃に受けた研修だったため、危ない!というところを先輩社員の男性に助けてもらって、キュンとしたのを覚えています。
目的としては社内交流がメインだったのではないかと思いますが、そして一歩間違えれば若手女子からは文句が出そうな内容ではありますが、当時の私はまんまとはまり、その時ご一緒した他部署の先輩には業務上関わりがあった時、しばらく丁寧対応だったことを懐かしく思い出します。

© Copyright Employees Learn Specific. All Rights Reserved.